知っていますか?美文字になるための法則‼︎ その1

こんにちは!

あつしです!

 

前回は、文字の外形について

お話ししました

 

今回は、知っているだけで

美文字に近づくことができる

重要な法則についてお話しします

 

 

突然ですが、

あなたは子供の頃

両親や、先生の字に

憧れていませんでしたか?

 

保護者用のプリントに

名前をもらったり

自分のものに名前を

書いてもらったり

 

f:id:azxchang:20201208170423j:plain

 

大人の字って綺麗だな〜

自分も大人になったら

綺麗な字が書けるかな

なんて思っていたと思います

 

しかし気づけば自分も就職して

あれ?もう大人だ!

あの時憧れていたような字は

未だにかけないまま

 

このまま結婚して

子供が生まれて

親になった時

恥ずかしくないですか?

 

自信を持って

子供に字を教えることができますか?

 

f:id:azxchang:20201208171940j:plain

 

ちょっと焦ったあなた!

今からでも間に合います!

 

 

今回は

知っているだけで

字が大変身する法則を

教えます! 

 

 

この方法を知れば

あなたも綺麗な字を書いて

羨ましいと思われるでしょう

 

 

自分が親になった時

自信を持って子供に字を教えたり

子供の物に名前を書いてあげたり

できるようになります!

 

f:id:azxchang:20201208180706j:plain

 

知っているだけで美文字に

近づくことができる法則とは

六度

です。

 

 

初めて聞いた方も多いのではないでしょうか?

六度って何?

って感じだと思いますので

説明していきます

 

 

六度は読みやすく整った

綺麗な文字を書くための

3つのルールのことです

 

中国の石碑から見つかった

「完璧な楷書」

と言われる文字を分析した結果

綺麗な文字を書く法則は

3つに集約できることが判明したそうです

 

f:id:azxchang:20201208180921j:plain

 

 

 

今回は六度法の1つ目

右上がり六度の法則

について説明します!

 

 

これは横画(横線)を

やや右上がり、約六度にして書くと

手書き独特の美しさを引き出せる

という法則です

 

 

六度は、時計の文字盤で言うと

14分の位置です

角度は厳密でなくても

大丈夫ですので意識してみましょう

 

 

実際に字を書くときの

右上がり六度の法則の使い方は

 

①横画は「右上がり六度」に書く

 

f:id:azxchang:20201208171248j:image

 

②始筆(点画のスタート点)を

 「右上がり六度」に配置する

 

f:id:azxchang:20201208171302j:image

 

これだけです!

 

この2つを守るだけで

あなたの文字は

美文字に変身します!

 

 

右上がり六度の法則

覚えましたか?

 

字を書くときは

右上がりを意識して

書いてみましょう

 

 

すぐに実践してみたい人は

なんでもいいので

書いてみましょう!

自分の名前などでもいいですね!

 

 

今すぐに書けないという人は

この法則を忘れないように

この記事をスクショして

おきましょう!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

スタイル抜群な字を書く方法!

こんにちは!

あつしです!

 

 

前回は文を書くときの

中心ルール

についてお話ししました。

 

 

 

今回は漢字を書くときの

バランスの取り方

についてお話しします。

 


 

 

あなたは字が汚くて読めない!

という経験をしたことは

ありませんか?

 

f:id:azxchang:20201208183754j:image

 

 

例えば上司に渡されたメモや

書類の訂正に書かれた文字など

読めなくて困った経験が

あるのではないしょうか?

 

 

 

さらに、その文字を書いた人が

取引先や上司など

とても聞きにくい人だったり

ということもありますよね

 

 

 

あなたの字は大丈夫ですか?

もしかしたら

あなたもそう思われているかも!?

 

 

 

〇〇さんの字って読めないよね。

なんて影で言われているかも!

 

f:id:azxchang:20201208170447j:plain

 

 

 

知らないところで周りに迷惑をかけたり

字が汚くて陰口を言われたりするのは

イヤですよね!

 

 

 

そうならないために

今回は字のバランスを整える

ある方法について

お話しします!

 

 

 

メモを渡しただけで

〇〇さん字が綺麗だね!

と褒められたり

 

 

 

字を見ただけで

〇〇さんはキチンとしてるね!

と良い印象をもたれたり

するかもしれません!

 

 

 

そうなるために

この記事を読んで

美文字を手に入れましょう!

 

f:id:azxchang:20201208171956j:plain 

 

 

 

バランスよく漢字を書く方法は

外形

を意識することです

 

 

 

漢字の外側を囲うと

それぞれ特有の形があります。

その文字全体の形を外形といいます。

 

 

 

大きく分けて6種類

「横長」、「縦長」、「正方形」

「三角形」、「逆三角形」、「ひし形」

があります。

 

f:id:azxchang:20201208183819j:image

 

外形を把握し、その形を

イメージしながら書くことで

バランスがとりやすくなり

自然と漢字の形が整います

 

 

 

それでは、外形を意識して

バランスよく書く方法を説明します。

 

 

 

①文字の外形を把握する

 

②その形をイメージしながら文字を書く

 

f:id:azxchang:20201208183828j:image

 

たったこれだけです!

 

とても簡単ですが、外形を意識すると

自然と全体の形が整って

バランスが良くなるので

是非試してみてください!

 

 

 

すぐに字を書いて

実践してみましょう!

外形を意識するだけで

バランスをとりやすくなるはずです

 

 

 

今すぐは書けないという人は

この記事をスクショして

いつでも見返せるようにしましょう

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

文字の中心を取る!

こんにちは!

あつしです!

 

 

前回は美文字の3つの法則

についてお話ししました

 

今回は中心ルール

についてお話しします

 

 

あなたは文を書くときに

文字は綺麗に書けたつもりなのに

なんだか綺麗に見えない

と感じたことはありませんか?

 

今回はそんな悩みを

解決していきたいと思います 

 

 

この記事を読めば

文字の中心を取ることの

大切さが分かり

ビシっと整った文をかけるでしょう

 

そうすれば

置き書きやお手紙を書いたときに

社内からの評価がグンと

アップするはずです

 

f:id:azxchang:20201105163231j:plain

 

逆にこの記事を読まなければ

置き書きやお手紙を貰った相手に

適当に書かれたと

思われるかもしれません

 

 

そうならないためにも

ぜひこの記事を最後まで

読んでみてください

 

 

 

中心ルールとは

文字の中心を見極めて

中心を揃えて文を書くことです

 

 

どんなに綺麗な文字でも

文章にしたときに

中心がずれていれば

美文字には見えません

 

 

反対に中心が揃っている文章は

まとまりがあり

とても読みやすいです

 

f:id:azxchang:20201105163532j:plain


 文字が美しくても

中心がずれていることで

汚く見えてしまうのは

とてももったいないので

中心を意識するようにしましょう

 

 

今回は縦書きで文章を書く場合の

中心を意識する練習方法を

スリーステップで

ご紹介します

 

 

①普通に書いてみる

 

 まずはいつも通り

 縦書きをしてみましょう

 

 

②1文字目の中心に線を引く

 (行があるときは行の中心)

 

 1文字目を基準にして

 文字の中心に線を引いてみましょう

 

f:id:azxchang:20201103171717j:plain

先ほど書いた文字がどれだけずれているか

 分かりましたか?

 

③先に線を引き、その上に文字を書いてみる

 

 次は先に線を引いてから

 その上に文字を書いてみましょう

 ②のときに、ずれていた文字の中心を

 線に合わせるように意識してください

f:id:azxchang:20201103171654j:plain

 

以上が、中心を意識する練習です

普段の自分の文字が

どっちにずれているかを知り

それを直す練習です

 

線を引いてその上に書くだけで

中心を意識することができます

 

 

1度やってみるだけでも

効果はあるので

実践してみましょう

 

すぐにできない人は

スリーステップのところを

スクショしてください

手順だけでも覚えておきましょう

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

美文字の3つの法則

こんにちは!

あつしです!

 

前回は筆圧についてお話ししました

 

今回は美文字を書くための

3つの法則についてお話しします

 

あなたは自分の字を

子供っぽいと感じたり

クセがあると思ったり

したことはありませんか? 

 

大人になっても子供っぽい字だと

少し恥ずかしいですよね

クセのない美文字に

なりたいと感じていると思います

 

f:id:azxchang:20201105160706j:plain

 

この3つの法則を理解すると 

幼い文字やクセ字がなくなり

大人っぽい字に生まれ変わります

 

すると周りの人に

「〇〇さんって字綺麗だね!」

と社内で噂になり

気になるあの人も振り向くかも!

 

 

逆にこの記事を読まなければ

幼い字やクセ字が抜けずに

大切な書類を書く際に

恥ずかしい思いをするでしょう

 

ぜひこの記事を最後まで読んで

大人っぽい字を手に入れましょう

 

f:id:azxchang:20201105160700j:plain


 

 

 美文字を書くための

3つの法則とは

とめ、はね、はらいです

 

この3つが確実にできていると

美文字にグンと近づきます

 

例えば「大」という字の

左右の払いを止めてみたら

どうでしょう?

なんだか子供っぽい字に

なっていませんか?

 

 f:id:azxchang:20201105162200j:plain

 

このように文字はとめ、はね、はらいで

動きを出してバランスをとっています


 

今回はとめ、はね、はらいが

全て入った「永」の文字の

書き方を解説して

いきたいと思います

 

①とめ

 まずは1画目の「とめ」です

 この点はしっかりととめましょう

 グッと止めることで締まった字に

 見えます

 

②はね

 次に2画目の「はね」です

 このはねが大きすぎたり、小さすぎたり

 するととても不格好に見えます

 

 「はね」の前にグッと力を入れて

 徐々に力を抜くのがコツです

 

③左払い

 次は3画目、4画目の左はらいです

 特に3画目のはらいは文字のバランス

 を取る上で重要になります

 

 「はらい」は「はね」よりもゆっくりと

 力を抜いていきます

 滑らかな曲線を意識しましょう

 

④右払い

 最後に5画目の右払いです

 文字のメインと言ってもいいほど

 この払いで見た目が変わります

 

 右払いは左払いのような

 滑らかな線ではなく

 徐々に力を入れ、いったんグッと止めてから

 力を抜いていき、右へシュッとはらいます

  

f:id:azxchang:20201103172602j:plain

 

 

以上が「永」の書き方です

この文字が書けるようになれば

とめ、はね、はらいをマスターできるので

実践してみましょう

 

すぐに実践できない人は

永という字のスクショを撮って

実際に書くときに

お手本にしましょう

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました 

メリハリのある文字を書くコツ!

こんにちは!

あつしです!

 

 

前回は余白の大切さについて

お話ししました!

 

今回は、筆圧について

お話しします

 

 

あなたは自分の字を

メリハリがなく

幼い字だと感じたことは

ありませんか?

 

f:id:azxchang:20201105165352j:plain

 

この記事を読んで

筆圧について理解できれば

メリハリのある文字を書けるようになり

美文字度がグンとアップします!

 

 

そうすれば美しい文字を書けることで

きっと育ちが良さそうだとか

真面目で丁寧な人だと

良い印象を持たれるでしょう

 

 

逆にこの記事を読まなければ

メリハリのない子供っぽい字になり

適当な性格だとか、仕事も雑な人という

レッテルを貼られるかもしれません

 

 

そうなりたくないあなたは

是非この記事を

最後まで読んでください!

 

 

f:id:azxchang:20201105165347j:plain

 

まず筆圧とは

文字を書くときに

押しつける力のことです!

 

美文字を書くためには

形が綺麗であるだけでなく

メリハリがあることがポイントです

 

 

また、筆圧を意識すると

書き心地がよくなるので

文字が書きやすくなります

 

 

文字にメリハリがないと

だらしなく、幼い印象の文字に

なってしまいます

 

しかし、ただ力を入れて

書けば良いのか?

違います!

 

力を入れるタイミングが

重要になってきます

 

f:id:azxchang:20201105165358j:plain

 

今回は、筆圧を強くする

3つのタイミングを

「山」の字を書きながら

紹介します

 

しっかり覚えて美文字を

手に入れましょう

 

 

①始筆(書き始め)

 

 始筆とは書き始めのことです

 始筆はしっかり押さえて

 徐々に力を抜いていきましょう

 

 

②終筆(書き終わり)

 

 終筆とは書き終わりのことです

 終筆もしっかりと筆圧をかけて

 止めるようにしましょう

 

 

③「折れ」の前

 

 文字の角、「折れ」の前は

 徐々に筆圧をかけ、グッと止めてから

 折れるようにしましょう

 「はね」の時も同様です

 

f:id:azxchang:20201105164524j:plain


 

以上が筆圧をかける

基本的なタイミングです

始筆、終筆は特に大切なので

絶対に覚えましょう

 

 

まずは簡単な「一」や「山」

の字を書いて試してみましょう

 

すぐに書けない人は、机などに

指で文字を書いてみて

筆圧をイメージしてみましょう

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました

 

 

 

〇〇を意識するだけで読みやすい字になる

こんにちは!

あつしです!

 

 

今回はあることを意識するだけで

読みやすい字を書けるようになる方法

についてお話しします

 

 

きれいな字を書くために

「何を意識したらいいの?」

と思うかもしれません

 

 

この記事を読めば

実際に字を書くときに

意識することがわかり

 

それを意識するだけで

あなたの字はとても見やすくなり

読みやすい字だね!

と周りの人に褒められるでしょう

 

ですがこれを読まなければ

思うように字が書けず

〇〇さんの字って読みにくい

と影で言われるかもしれません。

 

いじめをする人のイラスト(女の子)

 

きれいで読みやすい字を

書きたいあなたは

ぜひ最後まで読んでみてください

 

 

それでは本題に

入りたいと思います

 

きれいな字を書くために

意識すること

 

それは...

 

 

余白

f:id:azxchang:20201009021329j:plain

を意識することなんです!

 

字が汚い人の特徴として

字が小さく、余白が潰れて

しまっていることが多いです

 

余白がないと字は窮屈に見え

読む人にとってとても見にくいです

 

余白がしっかりと取れていると

字は格段に見やすくなります

 

また、漢字を書くときには

横線などの空間を均等に取ると

とても美しい字を書くことができます

 

 

と言われても

どうしたらいいか分かりませんよね?

 

以下の手順で余白を意識してみて下さい

 

①正しい字の形を調べる

②平仮名の場合はどこに大きな余白が

 あるかを意識する

③漢字の場合は横線と横線の間の空間を

 均等にすることを意識する

 

f:id:azxchang:20201009023617j:plain

 

ポイントは正しい字を見て

書く前にイメージすることです

 

ここは広めに、ここは小さめの余白で

とイメージしてから書くと

今までの字とは見違えるほど

読みやすい字が書けるでしょう

 

まずはあなたの苦手な字を

調べて正しい字を調べてみましょう

どのように余白が取られているかを

意識して見てみてください

 

その字をスクショしたり

すぐに書いてみたりして

実践してみましょう

 

意識するだけで字は上達します!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

正しく覚えていますか?書き順と美文字の関係

こんにちは!

あつしです!

 

 

今回は書き順について

お話しします

 

 

この記事を読めば

書き順と美文字の関係を理解し

スラスラと美しい字を書くことが

できるでしょう

 

f:id:azxchang:20201009024531j:plain

逆にこの記事を読まなければ

 

正しい書き順を知らずに

上達の機会を逃してしまい

いつまで経っても

きれいな字は書けません

 

きれいな字を書きたいあなたは

必ず最後まで読んでください

 

 

正しい書き順は字を習ったときに

教わったと思いますが

正直覚えていない字もあると思います

 

日頃から間違った書き順で書いてしまい

正しい書き順を勘違いしている字も

あるでしょう

 

 

書き順はきれいな字を書くことに

つながってきます

 

文字には「止め・はね・払い」

などがありますが

書き順通りに書くことで自然と

止め・はね・払いがやりやすくなります

 

f:id:azxchang:20201009023819j:plain

 

また、正しい書き順で書くことで

字のバランスが取りやすくなるので

きれいな字を書くためには

書き順を守ることは大切です

 

以下の順で正しい書き順を

身に付けましょう

 

スマホやパソコンで調べて

 正しい書き順を知る

②正しい書き順で字の流れを

 意識しながら書いてみる

 

 

これだけです!

書き順に関しては知っているかどうかだけなので

正しい書き順さえ知っていれば

すぐに実践できます

 

正しい書き順で書くことで

字に変化が生まれると思うので

試してみてください。

 

 

まずは今すぐに思い浮かんだ字の

書き順を調べてスクショしておきましょう

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。